富山県の法律相談なら、安田総合法律事務所にお任せください。

富山県弁護士会所属

安田総合法律事務所

〒930-0066 富山県富山市千石町4丁目5-7

受付時間:9:00~18:00(金・土・祝日を除く)

各種法律相談実施中

日曜日も相談可能です

量刑のポイント

刑法等の刑罰を定めた法律は、刑罰についてある程度幅をもたせて規定しております。

そのため、例えば殺人罪を犯したとしても、全ての被告人が同じ刑罰に服するのではなく、法律に定められた幅の中で適切な刑罰を裁判所が判断して、被告人に科することになります。

このように、裁判所がその裁量に基づいて刑罰を決めることを量刑といいます。

量刑は、様々なことを考慮して行うことになりますが、それぞれの裁判官によって全く異なる判決が下されてしまうというのでは、不公平であり適正な司法制度とはいえません。

そのため、ある程度の基準は存在します。

量刑において考慮される事情には、大きく分けて2つあります。一つは、その事件に関することでありもう一つはその事件自体とは直接関しないことです。

例えば、殺人罪の場合、何人殺したのか、凶器は何だったのか、動機は何かといった事情が、その事件に関することに当たります。他方で、どのような前科があるか、反省しているか、被害弁償をしているのかといった事情はその事件自体には直接関しないことです。

そして、量刑においては、このその事件に関することで量刑の大きな枠を定め、その枠の中で、その事件自体に直接関しない事情によって量刑を増減させて、具体的な刑罰を定めることになります。

したがって、量刑に関する活動(情状弁護といいます。)を行うにあたっては、その事件がどのような類型の事件に当たるかということをまず確認する必要があります。

また、この点に関連して、否認することは刑罰を重くするのかというご質問をいただくことがよくあります。

答えづらい質問ではありますが、否認することによって刑罰が重くなることがあることは確かです。

否認したことそのものが刑罰を重くするのではなく、自らの罪を認めずして反省することはできないという考え方から、否認している以上反省していないというように扱われ、結果として刑罰が重くなってしまうのです。

ただ、上記のとおり、あくまでも反省しているか否かという点は考慮要素の中では重要性は落ちますので、否認している内容にもよるのですが、否認していることが量刑の重さに与える影響はそこまで大きくはありません。

量刑については様々な考慮要素が入り乱れることになりますので、弁護人が受任した段階で刑罰を正確に予測することは困難な場合が多いのですが、不安に思われたら、弁護士に法律相談されたり、すでに担当弁護人がいらっしゃる場合は担当弁護人の先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

 

※本ページの記載事項は、記載時点における法律、状況等を前提にして記載しております。

ご予約はこちら

当事務所は、富山地方裁判所のほど近くに位置する、法律問題を総合的に取り扱う法律事務所です。お電話またはネット予約にて、法律相談ご予約を受け付けております。

お気軽にお問合せください

交通事故、債務整理、離婚、遺言・相続など、普通に生活していてもある日突然様々な法律問題に直面してしまうことがあります。

これは企業においても同様であり、契約書作成、労務管理、不動産管理、知的財産管理といった日々の業務に関連する問題に限らず、様々な法律問題が突然起こるということは十分にありえます。

当事務所は、「最高の法的サービスを適正な価格で迅速に提供し、お客様に喜んでもらうこと」を理念として掲げ、お客様の法律問題を未然に防ぐとともに、発生してしまった場合には適切に解決できるよう全力を尽くします。

電話予約はこちら

受付時間:9:00~18:00(金土祝を除く)

〒930−0066 富山県富山市千石町4丁目5番7号

※事前予約いただければ午後8時まで、定休日も法律相談可